健康がわかる!?逆転理学療法士☆みっちーブログ

健康って複雑で難しい!でもこのブログを読めば健康がわかる!!そんなブログで健康とはなにかを発信していますので気になったらまたみてください!!!

ピラティスについて〜指導者第一世代(エルダー)

はいどーもーみっちーです!

 

本日は昨日に引き続き

ピラティスの歴史である、エルダーについて書いていきたいと思います!

 

 

 

まずエルダーとは

 

ピラティスをもっと世に広めようと活動しているジョセフ・ピラティスから直接指導を受けた直弟子(ピラティス指導第一世代)の事を言います。
代表的な直弟子は
 
カローラトリエー
・イヴジェントリー
・ブルースキング
・ロマーナクリザノスカ
・キャシーグラント
・ロリータサンミゲル
・メアリーボウエン
・ロンフレッチャ
 
この方たちの尽力もあり、今、世の中でブームになっていると言っても過言ではないと思います。
 
では次に直弟子の紹介をしていきたいと思います。
 


カローラ・トリエー(1913-2000)

 ピラティスの直弟子でははじめて自分のスタジオを開設した。

マンハッタンにあるレノックスヒル病院で外科医をしているヘンリージョーダン医師はピラティスメソッドを高く評価し、カローラトリエーを側に置く。

ケガをした患者はカローラトリエーの元に送られる事が頻繁にあった。

ロリータサンミゲルを3ヶ月で治療し、6ヶ月に及ぶ520時間ピラティスを指導、インストラクターまで導いた。

 

‣イヴ・ジェントリー(1909-1994)

元々モダンダンサーとして活躍しており、手術などを経験し、ダンサーに戻りたいという一心でピラティスに出会い、打ち込む。

ジョセフ ピラティスの元で23年もの間トレーナーとして働いていた。

「プレピラティス」という概念を作りウェストコーストスタイルのピラティスを作り上げたことでも知られている。

ジョセフの死後、サンタフェピラティススタジオを開設。

ピラティスの伝統を、イヴジェントリーがアレンジを加え、インプリンティングを考案などし、これらを全てミシェル・ラーソンに継承した。

 

‣ブルース・キング(1925-1993)

1925年、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。
ダンサー、振付師、文筆家、教育者、ピラティス教師。
カリフォルニア大学バークレー校卒業、ニューヨーク大学修士号取得。

ダンスのリハーサル中の膝の怪我のためにピラティス氏のスタジオに通い始める。

ハンヤ・ホルム・スクール、マース・カニンガム・スタジオでモダン・ダンスをメトロポリタン・オペラ・バレエ・スクールでクラッシック・バレエを学ぶ。
マース・カニンガム・ダンス・カンパニーなどに所属後、独自のダンスを追求しカンパニーを設立。
アデルフィ大学、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマチック・アーツで指導。アーティスト・イン・レジデンスとして多数の大学で指導。
1993年、67歳で亡くなるまで自身のアパート兼スタジオでピラティスのプライベート・セッションを行うほか、各地でワークショップを行った。
著作に「クリエイティブ・ダンス:エクスペリエンス・フォー・ラーニング」、「メソッド・アンド・マテリアルズ・フォー・モダン・ダンス ティーチャーズ・マニュアル」などがある。

 

 

‣ロマーナ・クリザノスカ(1923-2013)

カローラトリエーの元でキャシーグラントとともにアシスタントをしていた。

ピラティスの死後、妻のクララと一緒にスタジオを引き継ぐ。

妻のクララが引退後、スタジオの全てを引き継ぐ。

ピラティススタジオを閉設したあとは、「ドラゴ&ボディアート・ジム」の一角でピラティスを指導。

 

‣キャシー・グラント(1921-2010)

カローラトリエーの元でアシスタントをしていた。

ロリータサンミゲルとともに直接、ピラティス氏に会い、ピラティスの指導を受ける

ピラティス氏から直接、ピラティス指導者の資格を与えられた2人のうちの1人

ニューヨーク大学ピラティスを教え、その後自分のスタジオを開設しました。

 

‣ロリータ・サン・ミゲル(1934-     )

ダンサーの練習中に怪我をし、カローラトリエーの元で治療に励む。

そこでピラティスと出会い、カローラトリエーの元で7年練習をした後のピラティスインストラクターを目指す。

カローラトリエーからピラティスインストラクターの認定を受けた唯一の1人となった。

http://pilates-initiate.com/index.php?Lolita%20San%20Miguelについて

上記サイトでより詳細なことが書いてある為、参照してください。

 

‣メアリー・ボウエン(1930-   )

ジョセフ・ピラティス、ブルース・キング、ロマーナ・クリザノスカからピラティスを学ぶ。

元コメディアンであり、35年のピラティス指導、ユング心理学者として40年の経験をもつ。

心理学+ピラティスという独自のスタイルを作る。

 

‣ロン・フレッチャー(1921-2011)

モダンダンスの第一人者マーサ・グラハムに師事し振付師などでも活躍していた。

ダンサー時代に膝を痛めたことがきっかけで、1948年にジョセフ&クララ・ピラティス夫妻から「コントロロジー」(ピラティス・メソッド)を学びました。

1971年には、ロサンジェルスビバリーヒルズに“ザ・ロン・フレッチャ-・スタジオ・フォー・ボディ・コントロロジー”を創設し、ピラティス・メソッドを初めてアメリカ西海岸に伝えました。

独特な呼吸法を用いたフレッチャピラティスを考案。

 

 

以上、エルダーの紹介でした^ ^

第一世代:ファーストジェネレーションティーチャー(エルダー)の方たちは偉大でピラティスの教えを後世に伝えてくれているから今、このような僕たちがピラティスを学べているわけですね^ ^

 

ロリータサンミゲル氏の歴史がすごく長かったので、日本語で紹介しているページでは詳細が記載されてます!

 

エルダーも数少なくなってきているのですね…

日本にもワークショップで来られているみたいですが、

高齢のため、ワークショップがあるとしたらチャンスですね!!

 

以上になります!

このページはもっと海外ページも参考にしてもっと詳細にします!!

 

本日も最後までみていただきありがとうございました。

f:id:micchiiiiiii_pt:20200114014135p:plain

明日は流派について書いていきたいと思います!

 

では!!!