健康がわかる!?逆転理学療法士☆みっちーブログ

健康って複雑で難しい!でもこのブログを読めば健康がわかる!!そんなブログで健康とはなにかを発信していますので気になったらまたみてください!!!

正しいアライメントを知っていますか?-ゼロ肢位-

はいどーもーみっちーです!!

 

みなさん!

アライメント大事と言っていますが、立位とかは座位は分かると思いますが!

単関節的なズレ(アライメント)を見ています??

 

ここ最近、それを意識してみるようにしています。

そこを分かると解剖学的にここが短縮しているかもしれないなーって絞れると思いますので😄

 

ではまず

 

 

 

【肢位についての基本的知識】

・ゼロ肢位

→解剖学的肢位

・安静肢位

→ゆるみの肢位(loose-packed position:LPP)は、関節の接触面が小さく周囲組織が緩んでいる状態。

閂肢位

→しまりの肢位(close- packed position:CPP)は,関節面が広く接して靭帯や関節包が緊張している状態。

 

 

【肩関節】

ここでは肩甲上腕関節

・ゼロ肢位

→上腕骨が前額面上にあり、肘を伸展、母指を腹側を向き、上腕を体幹に平行に位置した肢位

・安静肢位

→肩甲上腕関節約55°外転、約30°水平内転と軽度外旋した肢位

※ゼロ肢位では上関節上腕靭帯が最も緊張し、下関節上腕靭帯は比較的弛緩している。安静肢位では、上中下関節上腕靭帯は弛緩している。

 

【肩甲帯・胸鎖関節】

・ゼロ肢位

→肩甲帯の生理学的な肢位と同じ

・安静肢位

→肩甲帯の生理学的な肢位と同じ

・閂肢位

→上腕最大挙上位

 

【肩甲帯・肩鎖関節】

・ゼロ肢位

→肩甲帯の生理学的な肢位と同じ

・安静肢位

→肩甲帯の生理学的な肢位と同じ

・閂肢位

→上腕を外転90°位

 

【肘関節】

・ゼロ肢位

→上腕と前腕の両方が、前腕回外・肘伸展位で前額面上にある。

・安静肢位

→腕尺関節肘では関節屈曲約70°、前腕回外約10°、腕橈関節では肘伸展、前腕最大回外位

・閂肢位

→腕尺関節では肘関節伸展、前腕回外、腕橈関節では肘関節屈曲約90°、前腕回外約5°

 

【前腕】

・ゼロ肢位

→遠位・近位橈尺関節肘を直角、手は矢状面に沿わし、上腕を体幹に平行にした状態。腕橈関節は、前腕を最大回外し、肘関節を伸展した状態で上腕と前腕は前額面に置いた状態

・安静肢位

→遠位橈尺関節:前腕約10°回外

 近位橈尺関節:前腕約35°回外、肘関節約70°屈曲

 腕橈関節:前腕最大回外位、肘関節最大伸展位

※前腕全ての関節を同時に安静肢位にする事はできない

・閂肢位:前腕最大回内or回外

 

【手関節】

・ゼロ肢位

→橈骨と第三中手骨を通る直線からの長軸

・安静肢位

→軽度掌屈と軽度尺屈(最大橈屈と尺屈の中間)

・閂肢位

→手関節最大伸展

 

【第一手根中手関節】

・ゼロ肢位

→0からの第一中手骨最大外転-内転と屈曲-伸展の間の中間位

・安静肢位

→第一中手骨外転-内転と屈曲-伸展の間の中間

・閂肢位

→最大対立位

 

【手指、PIP DIP

・ゼロ肢位

→中手骨を通る長軸と指節骨が形成する直線と一致

・安静肢位

→全ての関節で軽度屈曲位

・閂肢位

→最大伸展

 

【手指、2〜5MCP】

・ゼロ肢位

→中手骨を通る長軸と指節骨が形成する直線が一致

・安静肢位

→軽度屈曲、尺側屈曲位

・閂肢位

→最大屈曲位

 

【手指、母指MCP

・ゼロ肢位

→中手骨を通る長軸と指節骨が形成する直線が一致

・安静肢位

→軽度屈曲位

・閂肢位

→最大伸展位

 

【中手骨】

・ゼロ肢位

→第2〜5CM関節(不明)

・安静肢位

→第2〜5CM関節(不明)

・閂肢位

→不明

 

【股関節】

・ゼロ肢位

→大腿部が前額面上にあり、両上前腸骨棘を結んだ線と、上前腸骨棘から膝蓋骨中央を結んだ線が直角に交わる肢位

・安静肢位

→股関節屈曲約30°、外転約30°、軽度外旋した肢位

・閂肢位

→最大伸展・内旋・外転を組み合わせた肢位

※ゼロ肢位では股関節に関与する全ての靭帯は中等度緊張。安静肢位は弛緩

 

【膝関節】

・ゼロ肢位

→大腿骨と脛骨を通り抜ける縦軸は前額面で交差し、そして約170°の外向きの角度を形成する(外反)

・安静肢位

→20〜40°屈曲

・閂肢位

→膝最大伸展

 

【下腿】

・ゼロ肢位

→膝、足部と足関節と同様

・安静肢位

→足関節約10°底屈位

・閂肢位

→足関節最大背屈位

 

【足部と足関節】

・ゼロ肢位

→足部に腓骨側を形成するものは下腿長軸に直角であり、上前腸骨棘から膝蓋骨を通り第二趾を通り抜けるライン

・安静肢位

→約底屈10°と最大内がえしと外がえしの中間位

・閂肢位

→中足骨ち距骨は最大内がえしで、距腿関節は最大背屈

 

【足趾】

・ゼロ肢位

→中足骨を通る長軸と一直線に並んだ趾節骨

・安静肢位

DIPとPIP関節は軽度屈曲でありMTP関節は約10°伸展

・閂肢位

DIP、PIPと第一MTPは最大伸展であり、第2〜5MTPは最大屈曲

 

【最後に】

いかがだったでしょうか??

 

安静肢位や閂肢位にも考慮して、しっかりアライメントを見ないと、そこから筋がどうなっているか、どうなっていることが正しいか連想できないと感じました!!

 

以上になりますが、もっと解剖学的な部分、深くできたら治療の範囲が広がりなぁってほんと思います!

 

少しでも参考にしていただけたら幸いです!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!!!

 

 

では!!!!